LOOOK by NTT MEDIAS 利用規約

LOOOK by NTT MEDIAS 利用規約(以下「本規約」という。)は、エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社(以下「弊社」という。)が提供するLOOOK by NTT MEDIAS(以下「本サービス」という。)について定めたものです。

第1条(基本事項)

  1. 弊社は、本規約に基づき本サービスを提供します。
  2. 本規約は、契約者の本サービスの申込み、及び利用の一切に関して適用されるものとします。

第2条(用語の定義)

本規約において、使用する用語の定義を、次のとおり定めます。

  1. 申込者:本規約に同意し本サービスの申込みをする者
  2. 契約者:弊社と本契約を締結している者
  3. 本契約:本サービスの利用に関して本規約に基づき弊社との間で成立する契約

第3条(本サービスの構成)

  1. 弊社は、1契約につき以下に定める本サービス1アカウントを提供します。なお、本サービスは株式会社ランドスキップのOEM提供を受けて提供されるものです。
    • 風景動画配信機能
    • CMS機能
    • コンテンツ生成機能
  2. 再生可能機器は以下の通りです。(順次追加予定)
    • 光BOX+ HB-2000

第4条(設備等)

  1. 契約者は、再生可能機器、その他これらに付随して必要となる設置、接続および設定、インターネット接続サービスへの加入、その他の本サービスを利用するために必要な準備を、自己の費用と責任において行うものとします。
  2. 弊社は、契約者が本サービスを利用するにあたり使用する通信機器、ソフトウェアおよびこれらに付随して必要となる全ての機器との互換性を確保するために、弊社の管理する設備、システムもしくはソフトウェアを改造、変更または追加したり、本サービスの提供方法を変更する義務を負わないものとします。

第5条(本サービスのサポート)

  1. サポート対応期間は以下の通りです。
    平日(月~金)9:30 ~ 17:00(土日、祝祭日、12月29日~1月3日を除く)
  2. 機器故障時は電話にて診断、故障切り分けを実施し、弊社が端末に不具合があると判断した場合は新たな端末を契約者にてご準備いただきます。

第6条(本サービスの利用料金、支払方法)

  1. 本サービスの利用料金は下記の通りです。
    利用料金:5,478円/月(税抜価格:4,980円/月)
  2. 契約者は、第12条2項に定めるサービス開始日の属する月の翌月1日から契約期間満了日の属する月までの年間の利用料金(第10条第2項により契約期間が延長された場合には、延長後の契約期間1年間の利用料金をいう。以下同様とする。)に消費税相当額を加算した額を一括で弊社に支払うものとします。なお、契約期間の途中に契約が満了又は解約された場合であっても残余期間の利用料金は減額されないものとします。
  3. 契約者は、利用料金等について、弊社指定の期日までに弊社指定の銀行口座への現金振込により支払うものとします。なお、振込手数料等の費用は契約者の負担とします。

第7条(本規約の改定)

  1. 弊社は、契約者の承諾を得ることなく本規約及び利用料金等を随時改定することがあります。なお、この場合の契約者の本サービス利用条件等は、改定後の新規約を適用するものとします。
  2. 前項の改定を行う場合は、15日以上の予告期間をおいて、新規約をWebにて通知します。
  3. 第1項において利用料金が改定された場合は、契約期間途中の契約には適用されず、改定日以降更新及びサービス開始される契約に適用されます。

第8条(通知の方法)

  1. 弊社は、契約者に対して通知を行う場合、Webでの公表、電子メールや書面の送付、またはその他弊社が適当と認める手段により行うものとします。
  2. 前項の規定に基づき、弊社から契約者への通知が Webにより行われた場合、当該通知が、Webブラウザ上から確認可能となった時点をもって契約者への通知が完了したものとみなします。また、弊社から契約者への通知が電子メールで行われた場合、契約者のメールアドレス宛に送信された当該電子メールが、契約者のメールサーバに到達した時点をもって契約者への通知が完了したものとみなします。
  3. 本条第1項および第2項の規定に基づき、弊社から契約者への通知は、弊社による各契約者への確認の有無に関係なく完了するものとします。

第9条(利用契約の締結)

  1. 申込者は、本サービスの利用申込を弊社所定の申込書の提出をもって行うこととし、申込内容が弊社で承諾された時点で本サービスの利用契約が成立するものとし、成立した日をもって契約日とします。
  2. 弊社は、申込に関して本人確認等のため、申込者に対して資料の提出を求めることがあります

第10条(申込の撤回)

申込者が、本サービス利用申込を撤回するときは、書面をもって弊社に通知するものとします。

第11条(本契約の成立、契約期間)

契約期間は、第12条2項に定めるサービス開始日の属する月の翌月1日から起算して1年を経過する日までとします。なお、契約期間満了日の1か月前までに、弊社又は契約者から通知のない場合は、同一の条件で契約期間満了日の翌日からさらに契約期間を1年間延長するものとし、その後も同様とします。

第12条(申込の承諾の撤回)

弊社は、申込者の申込内容等が、次の各号の一に該当するときは、申込の承諾を撤回し本サービスの提供を中止させていただきます。

  1. 申込の際に虚偽の届出をしたことが判明したとき
  2. 申込者又は契約者が本契約の義務を怠るおそれがあると弊社が判断したとき
  3. 申込者又は契約者が未成年等に該当し、契約に際して法定代理人等の同意等を得ていないとき
  4. 本サービス業務内容の調査、及び弊社営業の妨害を行うことを目的としている、もしくはそのおそれがあると弊社が判断したとき
  5. 前各号のほか、本契約の締結を適当でないと弊社が判断したとき
  6. 弊社が提供するすべてのサービスにおける約款、規約、規定等に対する違反のため契約の取消が行われたことがある場合

第13条(サービスの開始)

  1. 弊社は、本サービスの提供を開始するにあたり、契約者にサービス開始日等の情報を記載したサービス開始通知書を電子メール、または郵送にて送付します。
  2. 本サービスの利用開始日は、契約者の実際の本サービス利用有無にかかわらず、前項のサービス開始通知書に記載されたサービス開始日とします。

第14条(遅延損害金)

契約者が本契約に基づき、弊社に対し負担する一切の債務の支払を遅延したときは、支払うべき日の翌日から完済の日まで、支払うべき金額に対して年利14.5%の割合の遅延損害金を、弊社は契約者に対して請求できるものとします。

第15条(変更の届出義務)

  1. 契約者は、その住所、氏名、連絡先、管理担当者等に変更が生じたときは、遅滞なくその変更内容をWebより弊社へ通知しなければならないものとします。
  2. 前項の通知を怠ったことにより、契約者が不利益を被ったとしても、弊社は一切その責任を負いません。また、弊社からの通知等が契約者に不到達となっても、通常到達し得るときに到達したものとみなします。

第16条(管理責任)

  1. 契約者は、パスワード等を第三者に開示、貸与、共有しないとともに、第三者に漏洩することのないよう厳重に管理するものとし、パスワード等の第三者による不正使用等により本サービスが利用されても、当該契約者の利用とみなされることに同意します。但し、弊社の故意又は重大な過失により、弊社が提供したパスワード等が第三者に利用された場合はこの限りではありません。
  2. 前項但書に定める場合を除き、第三者が契約者のパスワード等を用いて、本サービスを利用した場合、契約者はかかる利用についての利用料金等の支払その他の債務一切を負担するものとします。また、当該行為により弊社が損害を被った場合は契約者は当該損害を補填するものとします。
  3. 契約者は、パスワード等の盗難または不正使用の事実を知った場合、ただちにその旨を弊社に連絡するものとし、弊社から指示があるときはそれにしたがうものとします。
  4. 弊社はパスワード等の電話による問い合わせに関しては、問合せ者が契約者自身であっても、電話による回答はないものとします。
  5. 弊社は、契約者からのパスワード等の問合せに対して、本人確認等のため、別途弊社の定める通信方法により回答するものとします。

第17条(データの取扱い)

  1. 契約者は、理由のいかんを問わず本契約が終了、解約された場合、弊社サーバーへのアクセス権を失い、弊社は弊社サーバー内に蓄積された契約者のデータを事前通告することなく削除することができるものとします。
  2. 契約者は、自己のデータ領域(データ保管空間) 内でなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がなしたか否かを問わず一切の責任を負うものとします。
  3. 弊社は、契約者が登録したデータについては何らの保証も行わず、その責任を負わないものとします。
  4. 弊社は契約者の承諾を得ることなく、弊社サーバの故障・停止時の復旧の便宜に備えて契約者の登録したデータのコピーを保管することがあります。

第18条(禁止事項)

  1. 契約者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはならないものとします。
    1. (1)第三者の著作権、著作人格権、商標権等の知的財産権を侵害する、またはそれらを侵害するおそれのある行為
    2. (2)第三者のプライバシーもしくは肖像権を侵害する、またはそれらを侵害するおそれのある行為
    3. (3)第三者を誹謗中傷し、その名誉もしくは信用を毀損する行為
    4. (4)公職選挙法に違反する、またはそのおそれのある行為
    5. (5)わいせつ・児童ポルノ・児童虐待等にあたる画像、文書等、未成年者や青少年の利用を制限する情報、出会い系サイト・その他風俗に関する情報を発信すること、またはそれらに類するとして弊社が不適当と判断する情報を発信する行為
    6. (6)法令に違反する、またはそのおそれがある行為(7)その他犯罪行為を惹起する、またはそのおそれがある行為
    7. (8)第三者に虚偽の情報を以って不利益をもたらす、またはそのおそれのある行為
    8. (9)他の契約者のパスワード等を不正に使用し本サービスを利用する行為
    9. (10)改造等、再生機器に変更を加える行為
    10. (11)その他弊社が不適切と判断する行為
  2. 弊社は、契約者が前項の一に該当すると判断した場合、何等の催告することなく、掲載された情報を削除することができ、また契約者の本サービスの利用を一時停止もしくは本契約を解約できるものとします。

第19条(サービス停止責任)

弊社は、本契約に基づき本サービスを提供すべき場合において、弊社の責に帰すべき事由により、本サービス全部の利用ができない状態が生じ、かつそのことを弊社が知り得た時から起算して、連続24時間以上になったときは、契約者の請求に基づき、その利用ができないことを弊社が知り得た時から本サービスが再び利用できることを弊社が確認した時までの時間を24で除した(小数点以下切捨て)本サービスが利用できなかった日数に対し、1ヶ月分に相当するサービス料金の30分の1(小数点以下切捨て)を乗じて算出した金額を返却します。

第20条(契約者による解約)

  1. 契約者は、本サービスの解約を希望する場合には、弊社所定の手続きに従って、本サービスの解約申込を行うものとします。なお、解約日は弊社が通知を受信した日付とします。
  2. 契約者が、本サービスを利用することにより生じた一切の債務は、本サービスの解約後においても、当該債務が履行されるまで消滅しないものとします。
 

第21条(弊社による解約)

弊社は、契約者が次の各号の一に該当するときは、契約者に対し何等の催告なく本サービスの利用を停止し、本契約を解約できるものとします。

  1. 請求書に記載の支払期日を経過しても利用料金等を支払わない場合など本規約条項の一に違反したと弊社が判断したとき
  2. 差押、仮差押、競売、破産、民事再生開始、会社更生手続開始の申立てがあったとき
  3. 手形交換所の取引停止処分を受けたとき
  4. 公租公課の滞納処分を受けたとき
  5. 本サービス申込み時に虚偽の記載および申告をしたとき
  6. 弊社の営業妨害および利益に反する行為をしていると弊社が判断したとき
  7. 弊社から電話、FAX、電子メール、郵送の通信手段で契約者へ連絡のとれないとき
  8. 本サービスの利用方法が、本サービス運営上支障を及ぼすと弊社が判断したとき
  9. その他弊社が契約者として不適当と判断したとき

第22条(契約者の責任)

  1. 本サービスの利用に伴い、契約者が第三者に対して損害を与えた場合は、契約者自身の責任と費用において問題解決をはかるものとし、弊社に一切の迷惑・損害をかけないものとします。
  2. 本サービスの利用に伴い、契約者が第三者から損害を受けた場合においても、前項と同様とします。
  3. 契約者が本サービスの利用に伴い、故意、過失を問わず弊社に損害を被らせた場合は、契約者は弊社に対して損害賠償の義務を負うものとします。

第23条(弊社の責任)

  1. 弊社は、契約者が本サービスを利用することにより発生した損害、およびサービス停止したことにより発生した損害については、その理由のいかんにかかわらずいかなる損害賠償責任も負わないものとします。但し、弊社の故意又は重大な過失による場合はこの限りではありません。
  2. 弊社は、本サービスに係る技術仕様その他の提供条件の変更または電気通信設備の更改等に伴い、契約者が使用もしくは所有している情報端末の改造または交換等を要することとなった場合であっても、その改造または交換等に要する費用については負担しません。
  3. 弊社は、契約者が本サービスを利用することにより、契約者または第三者に生じた紛争等に関して何ら責任を負わないものとします。

第24条(本サービスの中止、中断)

  1. 当社は、本サービスを提供するためのシステムの保守・点検を行うに場合、事前に当社の定める方法により契約者に通知し、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中断することができるものとします。
  2. 当社は、次の各号のいずれかに該当するような緊急やむを得ないと当社が判断した場合には、事前に契約者に通知することなく、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中断することができるものとします。
    1. (1) 本サービスを提供するためのシステムの保守・点検を緊急に行う場合
    2. (2) 火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、本サービスの提供ができなくなった場合
    3. (3) 本システムの障害等により、本サービスの提供ができなくなった場合
    4. (4) その他、当社が、運用上又は技術上やむを得ず本サービスの一時中断が必要であると判断した場合
  3. 当社は、本サービスの中止、中断の発生により、契約者または第三者が被ったいかなる損害について、理由を問わず何ら責任を負わないものとします。

第25条(損害賠償額の制限)

本サービスの利用に関し、本契約に基づき弊社が損害賠償義務を負う場合、弊社は契約者に現実に生じた通常の直接損害に対して、契約者が弊社に本サービスの対価として支払った利用料金総額を限度額として、賠償責任を負うものとします。但し、逸失利益及び間接損害等の特別の事情により生じた損害については、弊社は賠償責任を負いません。

第26条(個人情報等の利用目的)

弊社は、契約者の個人情報を本サービスの提供、弊社の提供する新商品・サービスに関する情報のお知らせに利用するものとします。

第27条(知的財産権)

本サービスを提供するにあたり、弊社が契約者に提供する一切の著作物に関する著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含みます)および著作者人格権ならびにそれに含まれるノウハウ等の知的財産権は、株式会社ランドスキップに帰属します。

第28条(利用権譲渡の禁止)

  1. 契約者は、本サービスの利用に関する権利を、弊社の書面による事前の承諾無くして第三者に譲渡し、又は担保に供することはできないものとします。
  2. 契約者が、前項の規定に違反して本サービスに関する権利を譲渡し、又は担保に供したときは、弊社は本契約を解除することがすることができるものとします。

第29条(法令等の遵守)

契約者は、本サービスの利用に関して、適用される全ての法令等を遵守しなければなりません。

第30条(機密保持義務)

契約者および弊社は、相手方の書面による承諾なくして、本サービス利用に関連して相手方から開示された、もしくは知り得た相手方固有の業務上、技術上その他の秘密を、本契約期間中はもとより、本契約終了後も、第三者に対して開示、漏洩しないものとします。

第31条(合意管轄)

本契約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本契約に関して生じた弊社と契約者との間の紛争については、弊社本店所在地を管轄する簡易裁判所または地方裁判所をもって第一審の専属合意管轄裁判所とします。

第32条(協力義務)

契約者及び当社は、次の各号に掲げる事項について相互に保証することとします。

  1. 自社及び自社の取締役、執行役または監査役が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ又はこれらに準ずる者(以下「反社会的勢力」という。)ではないこと。
  2. 反社会的勢力から、直接・間接を問わず、かつ、名目の如何を問わず、資本・資金を導入し、資本・資金関係の構築を行っておらず、今後も行う予定がないこと。
  3. 反社会的勢力に対して、直接・間接を問わず、かつ、名目の如何を問わず、資金提供を行っておらず、今後も行う予定がないこと。
  4. 反社会的勢力が、直接・間接を問わず、自社の経営に関与していないこと。
  5. 取引の相手方に対し、暴力的又は威迫的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求行為を行わないこと。
  6. 契約者及び当社は、相手方が前項の保証に反していると合理的に判断したときは、一方的な意思表示により本契約を解除することができる。
  7. 前項により本契約を解除した場合において、損害が生じたときは、相手方に対し、その損害の賠償を請求することができる。ただし、解除の意思表示を受けた当事者は、本契約の解除により生じた損害について、相手方に対し、何らの請求をしないものとします。

第33条(協力義務)

本規約に定めのない事項について弊社と契約者は、誠意をもって協議解決するように努力するものとします。

本規約制定日:2019年3月31日

本規約改訂日:2020年12月3日